専攻長あいさつ

 
情報生命科学専攻長
森下 真一

 バイオインフォマティクスは、生物学(バイオ)に必要な情報技術(インフォマティクス)を研究する分野である。ゲノム研究は膨大な配列情報を産出すると同時に、それらの情報をコンピュータで効率良く処理するための、生命科学と情報科学とを融合した新分野を創出した。その重要性は、ゲノムシークエンス時代における解析ツールやデータベース、ポストシークエンス時代における多様なデータ解析(遺伝子発現、分子間相互作用、ゲノム多型、細胞内局在、生体内パスウェイ、遺伝子ネットワーク、変異体表現型など)からも明らかであろう。 バイオインフォマティクスは今日、研究支援の道具としてはもちろんのこと、生命のプログラムを解き明かすのに本質的に欠かせない学問分野として広く認知されている。
 バイオインフォマティクスには、生命科学やバイオ産業の効率化や支援に必要な情報技術を開発するという側面と、情報科学的な手法や考え方を用いて生命を研究するという二つの側面がある。これらは生命科学やバイオ産業を進めるための両輪であり、どちらも不可欠な要素である。そのため、情報生命科学専攻では両面を備えた研究方法や解析技術の習得をめざした教育を展開している。専攻の名前をバイオインフォマティクスという言葉ではなく、情報生命科学(Computational Biology、情報科学的なものの見方で生命科学を行う)という造語にしたのもこの理由による。
 情報生命科学専攻が育成するのは、ゲノムや生命現象をシステム的に理解するための情報技術や生体観測技術を開発でき、かつ、それらの技術を駆使して新たな生命科学の地平を切り拓くことのできる人材である。生体内パスウェイやネットワークの解析、シミュレーションでは、問題設定のあり方から検討を加えることも必要であろうし、従来とはまったく異なる視点に立った方法論の開発が求められることも予想される。さらには、実験のデザインや計測技術の開発に踏みこむ必要も考えられる。そのため、自分で問題を発見、定式化し、効率よく解くことまでを一貫しておこなえる人材を育成し、学界や産業界に輩出することが専攻の使命である。
 メンデルの法則が1900年に再発見されてから約100年、DNAの二重らせん構造が1953年に発見から約50年たった今日、ヒトをはじめ様々な生物のゲノムが解読されている。まさに、これからが情報生命科学の重要性が真に発揮される時代である。文部科学省が世界トップレベルの教育・研究機関に与える COE(Center Of Excellence)プログラムのなかで、本専攻はバイオインフォマティクスの卓越した研究教育機関として2回連続して選ばれている(2004~2008年度の21世紀COEとして「言語から読み解くゲノムと生命システム」。2009~2013年度のグローバルCOEとして「ゲノム情 報ビッグバンから読み解く生命圏」)。さらに、2008年にはゲノミクス、プロテオミクス、トランスクリプトミクス、メタボロミクス、バイオインフォマティクスを統合した‘オーミクス’を基礎とした生命科学における研究と教育を推進するオーミクス情報センターが立ち上がった。このように、世界的なバイオインフォマティクス研究の潮流のなか、学生と教員が一体となってこの新しい研究分野を創り育てている。