研究

 情報生命科学専攻では、システム生物学やバイオインフォマティクスといった最先端の分野の研究を進めています。これまでの生命科学は個々の遺伝子機能を明らかにしてきましたが、近年、ゲノム研究で得られた膨大なデータを定量的に扱い、生命をシステムとして理解しようとする機運が世界的に高まっています。情報生命科学専攻では、生命をシステムとして理解するための研究、またそのために不可欠な考え方や手法を開拓するための研究を幅広く展開しています。

教育

 本専攻では、生命現象をシステム的に理解するための情報技術や生体観測技術を開発でき、かつ、それらの技術を駆使して新たな生命科学の地平を切り拓くことのできる人材を育成します。カリキュラムは、情報系、生物系、その他どのようなバックグラウンドの学生が入学しても情報生命科学を基礎から学べるように配慮してあります。
 専攻の構成は、基幹講座6研究室に加えて、東大の分子細胞生物学研究所、医科学研究所に所属する協力講座、産業技術総合研究所、理化学研究所に所属する連携講座、そして学内兼担教員による研究室から成ります。この充実した教員陣により、情報系から生命系まで幅広い講義をバランス良く受講することができます。