よくある質問

Q. 生物学(または情報科学)しか知らないのですが、受験できますか?
A. もちろんです。生物学か情報科学どちらかを学部で学び、これから情報生命科学を学びたい方を歓迎します。入試問題は生物学または情報科学の知識だけで合格できるよう配慮されています。

Q.どのような教科書で勉強すればよいのでしょうか?
A.勉強の仕方がわからないという問い合わせを多く受けますが、入試に関して言えば、情報科学の基本(アルゴリズム)と分子生物学の基本(用語)がわかっていれば大丈夫です。例えば、以下の教科書を参考にして下さい。
情報科学: T. コルメン 他「アルゴリズムイントロダクション」改訂2版、近代科学社 第1巻、第2巻。
生命科学: B. アルバーツ 他 「Essential 細胞生物学」 原著第3版 南江堂

Q. 授業はどこで行われますか?
A. 柏を中心に、本郷でも行われます。ほとんどの講義はテレビ会議システムによって配信され、自分の所属する研究室のキャンパスで聴講することが可能です。

Q.英語の授業はありますか?
A.基本的には日本語ですが、できる限り英語だけの学生もサポートします。毎年数人日本語がはじめての学生が入学しています。

Q. 大学3年生ですが、試験を受験できますか?
A. 大学を卒業見込みであれば受験資格があります。 合格しても学士号を取得していない場合は入学できません。 (飛び級制度の多くは「学士号」を授与するものではないので注意してください。)

Q. 外国人特別選考制度はないのでしょうか?
A. 全ての受験者を公平に審査するため入学基準はひとつにしました。入試問題は申請すれば英語版を用意しています。

Q. パート(または人材派遣会社)で働いているのですが社会人特別選抜に出願できますか?
A. 判断は労働形態によるので、新領域事務の教務係に問い合わせてください。